新横浜整形外科リウマチ科中国語対応可

トップ > TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷

三角線維軟骨複合体損傷とは

手関節の尺側にある三角線維軟骨複合体と呼ばれる組織で、手関節の安定性とクッションの役割をします。
同部の損傷により、手首を捻ったり、返したりする動作のときに手首の小指側に強い痛みが見られます。

原因

手関節の外傷や繰り返し動作により生じます。

肩腱板断裂・肩関節周囲炎の治療

急性期は、安静、装具固定、ストレッチ、痛め止め・湿布の使用、ステロイド注射、物理療法などを行います。
回復期は、リハビリテーション(筋力強化、ストレッチなどの機能回復)を実施します。
またリハビリでは再発予防の指導も適宜行います。


TFCC損傷

TFCC損傷