新横浜整形外科リウマチ科

新横浜駅アリーナ側出口より徒歩1分、整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・CT・MRI撮影・健康診断の医療サービスと通所リハビリ施設を備える診療所です

トップ > 予防接種(自費) > 流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)

流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)

流行性耳下腺炎とは?

一般的におたふくかぜ(ムンプス)とも言われ、2~3週間の潜伏期間を経て発症し、片側あるいは両側の唾液腺の腫脹を特徴とするウイルス感染症です。感染者からの飛沫により感染します。

接種時期
一般的におたふくかぜ(ムンプス)とも言われ、2~3週間の潜伏期間を経て発症し、片側あるいは両側の唾液腺の腫脹を特徴とするウイルス感染症です。感染者からの飛沫により感染します。
接種回数
1回目の接種のあと2~6年後に2回目を接種することが、しっかりと免疫をつけるために必要です。
持続期間
自然感染による抗体価よりは低いですが、8年以上は維持されるとの報告があります。

予防接種を受けることができない方

  • 明らかに発熱のある人(37.5℃を超える人)
  • 重篤な急性疾患にかかっている人
  • 妊娠していることが明かな人(ワクチン接種後は約2ヵ月間の避妊が必要です)

予防接種の方専用

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system