新横浜整形外科リウマチ科中国語対応可

新横浜駅アリーナ側出口より徒歩1分。ニキビ、ニキビ跡、アトピー治療、帯状疱疹、水虫、かぶれ、じんましん、とびひなど気になる症状があればご相談ください。

トップ > 皮膚科外来【水虫】

皮膚科の疾患【水虫】

水虫

水虫の原因は、白癬菌と呼ばれるカビ(真菌)です。白癬菌は、高温多湿を好み、夏場に症状が活発になる傾向があります。例えば、革靴をよく履く人、汗をよくかく人、公衆浴場やプールの足拭きマットをよく利用する人、水虫を既にお持ちのご家族がいる人などでは、感染の機会が増えますので注意が必要です。水虫の診断は、顕微鏡検査で行います。
水虫に似た症状が出る病気として、汗疱状湿疹や異汗性湿疹があります。これらの湿疹は汗が原因で起こり、水虫を合併することもしばしばあります。
治療は抗真菌薬外用で行いますが治癒までには時間がかかることが多いため、根気強く治療を続けることが大切です。難治性の角化型足白癬については、内服加療を行う場合もあります。抗真菌剤の内服加療では、副作用として肝機能障害が出ることがありますので、定期的に採血チェックを行う必要があります。
»戻る

皮膚科診療予約


ご予約
お気軽にご相談ください

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system