新横浜整形外科リウマチ科

トップ > 坐骨神経痛

坐骨神経痛

「足やお尻がしびれたり痛いのに、病院に行ってもなんともないと言われる」とお悩みの方、その痛みは坐骨(ざこつ)神経痛によるものかもしれません。
坐骨神経痛について分かりやすくまとめました。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は、腰から足にかけて走る坐骨神経が、なんらかの原因で圧迫もしくは刺激されて起こる症状のことです。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因となる病気には、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、梨状筋症候群、仙腸関節炎、脊椎・脊髄・骨盤内のがんなどがあります。年齢が若い方の場合は腰椎椎間板ヘルニア、高齢者の場合は腰部脊柱管狭窄症によるものが多いです。

このほかにも、糖尿病、帯状疱疹、アルコールなどの中毒性の病気、喫煙、ストレスなどが原因となるとする報告があります。


坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の主な症状は、腰から足にかけての痛みです。お尻や太もも、ふくらはぎから足先にかけて、電気が走ったような鋭い痛みやしびれるような痛みが見られます。その他ふくらはぎの張りや冷感、灼熱感や締めつけ感などさまざまな症状があらわれます。

こうした症状は、右もしくは左足のどちらか一方のみに出ることがほとんどです。
また足の一部分だけに強く感じることもあれば、足全体に強い症状が見られる場合もあります。

坐骨神経痛の診断

坐骨神経痛の診断は、原因となる病気があるかどうかを調べることで行います。椎間板ヘルニアの場合はMRI検査などを用いて診断します。
その他、腰椎レントゲン写真、CT検査、脊髄造影検査などが必要となる場合もあります。

坐骨神経痛の治療とリハビリテーション

坐骨神経痛の治療は、症状を和らげるための薬物療法やリハビリテーションが基本です。
薬物療法としては、痛みを取るために非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を用います。また電気が走るような鋭い痛みなどに対し神経障害性疼痛治療薬、筋肉の緊張を和らげる薬などを用いることがあります。

症状が強い場合は、原因となる病態に応じて装具療法、脊髄(脳)刺激療法、認知行動療法、手術療法を選択することがあります。

まとめ

坐骨神経痛の原因となる病気はさまざまであり、まずは正確な診断が第一です。当院ではCTやMRIを完備し、皆様をお待ちしております。足の痛みでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。




【参考】
https://toutsu.jp/pain/zakotsu.html
https://doctorsfile.jp/medication/336/
https://www.karasawa.gr.jp/case/zakotsu/
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/44_shinkeitsu/
https://www.akita-noken.jp/general/sick/spinal-cord/page-2488/

坐骨神経痛

坐骨神経痛