新横浜整形外科リウマチ科中国語対応可

HOME > 整形外科 > 野球肘 
野球肘
野球肘とは

野球肘(やきゅうひじ)とは、
主に野球などの投球を伴うスポーツで起こる肩や肘の負傷です。

野球肘は子供だけでなく大人にも発症し、痛みのでた時期によって以下の2つに分けられます。
少年期野球肘  骨端線(成長線)閉鎖前の成長途上の骨端線や骨軟骨の障害
成人期野球肘  骨端線閉鎖後の骨、関節、靭帯の障害

また、障害の部位から以下のとおり、内側型、外側型、後方型に分類されます。

野球

原因

投球動作を繰り返すことで引き起こされる肘の障害です。
野球肘は怪我の名前ではなく、肘関節に生じる疼痛性障害の総称で、その中には肘関節の多くの病変を含みます。
繰り返しボールを投げることにより、肘への負荷が過剰となることが原因です。

症状

肘の伸びや曲がりが悪くなり、激痛により肘を伸縮できなることもあります。
投球をした際に肘の内側に牽引力が加わり、筋肉や靭帯、神経が伸ばされ細かい損傷が生じます。
まれに、不安定性により肘の内側を走行する尺骨神経が障害され、手の小指側(尺側)にしびれや感覚障害が生じることもあります。

治療について

野球肘は、投球数の多さが要因になりますので、まずは安静にしましょう。
また身体の使い方やフォームがとても重要です。
投球の時は、足、肩、肘、手を連動して動かします。
その動作の一部で、無理をした結果、肩や肘を痛めることになります。
野球

痛みや炎症を抑えるため、アイシングや痛み止めや湿布の処方などを行います。
リハビリにより、肘関節周囲もしくは肩、体幹といった部位の機能改善を行い、投球フォームの修正を行います。
野球フォーム


当院推奨

上記治療のほかに、当院では肩関節の痛みに体外衝撃波治療を行っております。
体外衝撃波治療は、痛みや怪我を治すための治療で、
衝撃波を患部に照射する整形外科では新しい治療法です。
強い音波を使って体の外から怪我や痛みのある部分にエネルギーを送ります。
皮膚に衝撃波を当てるだけですので、身体に負担をかけずに、慢性的な痛みを緩和させることが可能です。

効果
  •  痛み軽減(痛み因子を減少)
  •  血流改善(患部の血流促進)
  •  骨の修復・形成(治癒および組織再生を誘発)

上記を一例とした効果があり、沈着していた石灰が粉砕・縮小化されることにより疼痛緩和、機能改善が得られます。
短時間で痛みを軽減したい方、手術をせずに痛みを軽減したい方におすすめです。

治療の目安

治療の目安としては、5日~1週間に1度を目安に行います。

副作用

副作用としては、治療部位に紅斑や腫れ、血腫、点状出血等が一時的に出現する場合がありますが、いずれも数時間~数日で軽快します。
※肩関節に対しては自費治療になりますので、1回5,000円で行っております。

体外衝撃波治療に関して、くわしくはこちらをご覧ください。 体外衝撃波治療についてはこちら