新横浜整形外科リウマチ科

トップ > 首下がり症候群

首下がり症候群とは

首下がり症候群とは、首の筋肉や骨の構造の問題により首が絶えず前に曲がってしまい、体幹に対して頭部が前屈している状態を指します。

通常、首は頭と共にまっすぐに位置するべきですが、首下がり症では、頭が前方に傾いてしまい、姿勢が悪くなります。

首下がり症候群

主な原因としては以下の点が挙げられます


首下がり症候群

症状としては、首の前傾、呼吸が苦しい、頭痛、肩こり、腰痛、歩行時の不安定感などが挙げられます。また、視覚的な外見の変化や顔の表情が変わることもあります。

肩こりのような違和感から始まり、頭部が重く感じようになります
頭部が前かがみの状態となり、無理に上げようとすれば、首や背中に痛みを感じ始めます。
初期症状が軽いことが多いため、自分で気づくことが難しいです。

治療は症状や原因により異なりますが、物理療法や筋力トレーニング・姿勢の改善に焦点を当てたリハビリテーションが行われることがあります。
また、頚椎装具をつけることで頭部を適正位置で保持し頚部の負担軽減を図ることも可能です。

首下がり症候群

気になる方はお気軽当院までにご相談下さい。

首下がり症候群

首下がり症候群