新横浜駅アリーナ側出口より徒歩1分、整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・CT・MRI撮影・健康診断の医療サービスと通所リハビリ施設を備える診療所です。

リウマチ内科

診療時間

午前 ⁄ 09:00~13:00
午後 ⁄ 15:00~18:30

午前 ×
午後 ××

休診日 ⁄ 土曜午後・日曜・祝日


初診の方も18:30 (土曜日13:00) まで受付いたします。

採用情報

関節リウマチの治療

関節リウマチは、早期発見・早期治療が大切とされています。

薬物治療

リウマチ治療の基本となります。現在は下記の治療が用いられることが多いです。

現在、全世界標準の初期治療薬剤はメトトレキサート(商品名リウマトレックス、メトレート)ですが、患者様の症状、合併症などを考慮しながら慎重に選択してまいります。
メトトレキサートで過去にアレルギーがあった方、他の病気をお持ちの方、妊娠希望の方などもご相談ください。

各種生物学的製剤も取り扱っております。

大学病院、総合病院でリウマチ、膠原病を多数診療してきた医師が親身になってご相談に乗らせていただきます。

装具療法

関節リウマチでは、不安定な関節を安定させたり、関節の変形を予防したりすることを目的に装具療法が行われます。
必要な装具は患者さん個々に違い、医師の処方を受けることが必要です。
手首や膝のサポーターや、手指に着けるスプリントと呼ばれる装具、あるいは足底板(インソール)などが広く利用されています。
最近は軽量かつ小型化にする開発も進められ、患者にとって使いやすく改善されてきています。

リハビリテーション

関節の炎症を考慮しながら、関節の動きを維持すること・痛みを抑えること・変形を予防すること等を目的にリハビリテーションを行います。
日常生活に支障を来さないよう、機能の回復・維持を目指します。

当院では、リウマチ専門の内科医師と整形外科医師の連携により、薬剤治療と装具、リハビリテーション治療、必要に応じて連携施設への手術ご紹介などもしながら、リウマチ診療にあたっております

患者様にあったオーダーメイドの治療を行っておりますのでぜひご相談ください。

上へ

( 新横浜整形外科リウマチ科 )〒222-0033横浜市港北区新横浜3-6-4新横浜千歳観光ビル1-4階 TEL:045-548-3887  FAX:045-548-3888
( 通所リハビリテーション )〒222-0033横浜市港北区新横浜3-6-4新横浜千歳観光ビル3階 TEL:045-620-7462 FAX: 045-620-7463
Copyright©2009-2016 医療法人社団やまびこ 新横浜整形外科リウマチ科 All Rights Reserved.

トップ  個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

inserted by FC2 system