新横浜駅アリーナ側出口より徒歩1分、整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・CT・MRI撮影・健康診断の医療サービスと通所リハビリ施設を備える診療所です。

リウマチ内科

MRI撮影

CTスキャン

診療時間

午前 ⁄ 09:00~13:00
午後 ⁄ 15:00~18:30

午前 ×
午後 ××

休診日 ⁄ 土曜午後・日曜・祝日


初診の方も18:30 (土曜日13:00) まで受付いたします。

採用情報

リウマチ内科

リウマチ内科 診療のご案内

8月16日(水)~21日(月)は菱山医師(リウマチ内科)の診療は休診となります。
それに伴い、8月10日(木)に菱山医師の診察を行います。(18:30まで)

※菱山医師の休診日も、クリニックは通常通り診察致します。

診療時間
午前 09:00~13:00
午後 15:00~18:30

●・・・菱山 美絵医師  ○・・・三笠 貴彦医師
※菱山医師は午後17:00まで。17:00以降は三笠医師が診療を行います。

■担当医
菱山 美絵医師/リウマチ・膠原病内科
日本リウマチ学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、難病指定医、身体障害者指定医

三笠 貴彦医師/リウマチ・整形外科
日本リウマチ学会専門医、日本整形外科学会認定医、難病指定医、身体障害者指定医

リウマチ内科について

当院リウマチ・膠原病内科では、関節リウマチを中心とした診断・治療を行います。
診察、レントゲン、採血による早期診断、生物学的製剤を利用した治療方法の活用など、リウマチ専門医が検査・診断・治療を行います。
関節の痛みやこわばり、「これはリウマチなの?」「これは膠原病なの?」と不安がある方はお気軽にご相談ください。

関節リウマチを発症すると、関節の腫れ・痛み・変形が進み続けると考えられていました。しかし、近年のリウマチの治療は大きく進歩しています。痛みを取るだけの従来の治療とは異なり、骨破壊や関節の変形も予防しうる時代になりました。これにより、関節リウマチの患者様が日常生活を平穏に過ごせるようになってきています。そのためには、ぜひ早期にリウマチ専門医を受診し、症状や要望を相談しながら、ご自分に合った治療を開始していただくことが重要だと思います。

関節の腫れや痛みを起こす疾患としてリウマチの他、膠原病などの全身性自己免疫疾患があります。適切で安全な治療を一緒に考えて行きましょう。
症状にお悩みの方、まずは当院リウマチ・膠原病内科にご相談下さい。

関節リウマチとは

イメージ

朝の手指のこわばり、関節の腫れや痛み、関節リウマチの多くがこのような症状から始まります。
30~50歳代の女性に多く、患者のうち8割が女性です。全国には70~120万人の患者がいると言われています。

関節リウマチの原因ははっきりと分かっていませんが、体の成分や細胞を異物とみなし攻撃してしまう、異常な自己免疫反応であると言えます。

それによって関節を包んでいる「滑膜」に炎症が起こり、関節の軟骨や骨が徐々に破壊されます。進行すると関節の機能低下や変形を起こし、日常生活動作がままならなくなり、生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。

膠原病について

膠原病の症状として、だるさ・発熱・関節の痛み・皮膚症状などがあります。
全身性エリテマトーデス・強皮症・ベーチェット病・シェーグレン症候群などの膠原病に広く対応いたします。
症状によって検査を行い、確定診断と的確な治療を皆様と進めてまいります。
また、当院で行うことができない特殊な検査や治療、入院が必要な場合などは、関連病院に紹介状を書かせていただきます。

上へ

( 新横浜整形外科リウマチ科 )〒222-0033横浜市港北区新横浜3-6-4新横浜千歳観光ビル1-4階 TEL:045-548-3887  FAX:045-548-3888
( 通所リハビリテーション )〒222-0033横浜市港北区新横浜3-6-4新横浜千歳観光ビル3階 TEL:045-620-7462 FAX: 045-620-7463
Copyright©2009-2016 医療法人社団やまびこ 新横浜整形外科リウマチ科 All Rights Reserved.

→トップ  →個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

inserted by FC2 system